とうもろこしの簡単で美味しいゆで方!実はレンチン5分がおすすめ!?旨みも栄養も一杯!


とうもろこしが美味しい季節になりました。

茹でてそのままかぶりついても美味しいし、

しょうゆをかけて焼いても香ばしくて美味しいですよね。

今まで、とうもろこしは鍋に水を入れて沸騰させて茹でるのが普通だと思っていましたが、

今回なんとレンジでチンする調理法が、かなり簡単でかつ美味しくとうもろこしを食べられたのでご紹介!




まずはとうもろこしを皮がついたままお皿にいれて、レンジにイン!

ラップはせずに、レンジの蓋を閉めます。

(簡単すぎてやたら丁寧な説明書きになってしまう…書くことがない…)

500W、5分加熱。

チンッと鳴ったら、取り出します(熱いので注意!)

レンジを開けるとこんな感じになってました。皮がしなしなっとしています。

取り出したら、茎のつけ根から1~2センチ位の部分を切り落とします。

反対側のヒゲの部分を持って引っ張ると、するするっと皮とヒゲが取れて綺麗に身がでてきます。

なんと、これで完成!

お湯を沸かす時間も必要ないので早いし楽ですよね。

しかも、美味しいんです。

とうもろこしを水で茹でると、とうもろこしが本来持っている旨味や栄養分がお湯に溶け出してしまうそうです。そのため、少し水っぽくなるとか。

でも電子レンジでチンするこの方法なら、水っぽくならないし、栄養も溶け出る心配なし!

ぜひ夏の風物詩を美味しく楽しんでください~!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする