【日本酒バル うに小屋】高田馬場駅チカ人気居酒屋!うに嫌いの友達がまさかのうに克服する美味しさ


先日学生時代の友人、4人で飲みました。

久しぶりに集ってもつい昨日まで大学のキャンパスにいたような感覚になれる友人、大事ですね~~。



【日本酒バル うに小屋】でうに三昧!高田馬場駅チカの人気居酒屋

大学時代の友人と、平日夜飲み会に利用

同級生が、最近どんどん結婚していきます。

友人の結婚祝いもかねて、またほかの友人の転職状況のヒアリングもかねて「久しぶりに馬場で飲もうよ!」となりました。

学生時代によく行っていた安くて楽しい居酒屋に行くのも懐かしくていいけど、

せっかくだし行ったことのないお店にしよう!しっぽり飲もう!

ということで訪れたのが、高田馬場 日本酒バル うに小屋  です。

みんな仕事で忙しいので、駅近、

まったり個室で日本酒を飲めそうなこのお店にしました。しかも結構人気店のよう。

お店の様子

高田馬場駅早稲田口を降りて徒歩数分、ビルの二階にあるお店です。

店名からも、看板からもうにへのこだわりを感じます。

もはやうに以外なにも主張してこない。

席は半個室な感じでした。

学生街の喧騒を極める高田馬場駅チカ居酒屋なのに、落ち着いた雰囲気。

乾杯はハイボールで!うに小屋だけど定番おつまみのポテサラと一緒に

お通しはお豆腐。

いい感じに塩味がついていたので、なにもかけずにいただきました。

乾杯はハイボールです。

(本当はビールが飲みたいけれど、ダイエット中なのでハイボールを注文)399円。

おつまみにポテトサラダを注文。690円。

まずはポテサラ単体で食べて、

その後わさびをつけて、

続いて味玉と一緒に楽しみ、

最後はいぶりがっこと食べてどんどん味変をしていくというもの。

美味しかったですが、わさび、卵、いぶりがっこの量に比べるとポテサラ本体の量が少ないので、確実に卵が余ります。

いつの間にかポテサラがなくなっていたので、最後卵だけでいただきました笑

主役のうには4種食べ比べ!美味しい~!

おつまみを少しいただいたところで、主役のうにを注文することに。

メニューにはいろんなうに料理があるんですが、やっぱり生でしょ!刺しでしょ!

ということで、水うに刺しを注文!

どど~~んと4種の食べ比べです。3000円。

写真左から、

小樽産ムラサキウニ(ちょっと色が暗め)

小樽産バフンウニ(オレンジ色)

お塩をはさんで、

利尻産ムラサキウニ(ちょっと色が暗め)

利尻産バフンウニ(オレンジ色) をいただきました!

とくに右側の利尻産うにがめちゃめちゃ美味しかったです!

口に入れた瞬間甘くて甘くて、お醤油もお塩もいらないくらい。いや、いらない。醤油いらない。

小樽産のうにも十分美味しかったのですが、

利尻産のうにを食べてしまうと少し甘みが足りないように思えてしまいました…!

同じ種類のうになのに、産地によってぜんぜん味が違うことがわかり、

まさに「食べ比べ」という感じですね。

実は、友人4人の中の1人がうに嫌いでした笑

(なんでこの店にしたんだろう…)

でも、利尻産のうにを食べた瞬間「美味しい!!」と笑顔。

ばくばく利尻産のうにばかり食べ始めたので焦りました…私たちの分・・・笑

私はうに好きなので、全部美味しくいただいたのですが、

うに嫌いの子(生臭さが苦手だったらしい)も笑顔にする美味しいうにでした!大満足。

その他メニュー

主役のうに刺しに満足し、他メニューもバクバクいただきました。

塩辛じゃがバター 680円。

良くある、丸ごとしゃがいもに切り込みがあってそこにバターと塩辛が乗っているのかと思ったら、

まさかのポテトフライでした。

雲丹グラタン 1,380円。

普通に美味しかったですが、うにが上に乗っているだけなので分量の割には高い気がします。美味しかったのですが。

ねぎ塩とり天 690円。

こちらも普通に美味しかったです。居酒屋メニューという感じ。

【日本酒バル うに小屋】感想

うにがとにかく美味しかったので、満足です。

個人的にはうに刺しを楽しめたし、うに嫌いの友人のリアクションも楽しめたので

またうにを食べにきたいお店。

でも他のメニューは普通です。

うに系メニューも刺し以外はちょっとお高めなのでは??という気がしました。

居酒屋使いするならちょっと割高かもです…!

メニュー(日本酒たくさん)

 

 

 

 

【日本酒バル うに小屋】について

予約:050-5589-6453
住所:東京都豊島区高田3-10-14 吉野ビル 1F

営業時間:18:00~23:30(L.O23:00)
夜10時以降入店可、日曜営業


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする