【大黒家天麩羅/浅草】浅草寺お参りのあとに老舗の天丼をいただく!賛否両論の天丼だけど美味しかった


母と浅草散策をした時にランチで訪問。

浅草でランチ、イコール天丼!と思った私は、食べログでこの【大黒家天麩羅】を知り、行ってみることに。

食べログの点数が3.34とまあまあだったこと(2018年10月現在)、明治20年からの老舗の天麩羅屋さんだということ、連日ランチタイムには行列ができる人気店だということで、安心して行きました。なんなら母に「美味しそうなお店見つけたんだ!」とスマホ片手にドヤりながら。

平日金曜日の11時半頃行ってみました。

お店は浅草寺の正門から入って、仲見世商店街から少し右の脇に入った場所にあります。浅草寺にお参りして、商店街をぶらぶらしてから行くのになんともちょうどいい場所。

お店の外には誰も並んでおらず、ラッキーと思いながら入店。

老舗らしく法被をきたお爺様に案内されて2階のお座席へ。店内はほぼ満席状態で、外国人観光客の方がかなり多かったです。

さすが観光地、しっかり英語メニューもあって、店員さんは慣れた感じで外国のお客様にも半分英語で接客していました。こういう光景を見るたびに、英語を勉強しておけばよかったと後悔します。

私と母は迷わずノーマルな天丼を注文。

メニューはたくさんありました。海老天丼や、天麩羅定食など。

注文するとすぐに丼が運ばれてきました。期待しつつ丼の蓋を開けたのがこちら。

天丼(えび1本、きす1本、かき揚げ1本) 1,500円 

あれ…思ってたのとちょっと違う…

THE 天麩羅!みたいなサクサク系の天丼をイメージしていたので、真っ黒でしんなりした丼に拍子抜けしてしまいました。(事前にリサーチしておけ、という感じですが…)

いざ食べてみると、濃い目のタレがしっかり天麩羅とご飯にしみています。これはこれで美味しいし、かき揚げが具沢山で嬉しい。ボリュームもあってお腹いっぱいになりました。

ただタレが濃すぎて途中から飽きそうになった。衣が多めなのも一因かもしれない…

何はともあれ、観光地ど真ん中で1,500円で天丼が食べられたのはよかった!

今度はちゃんと調べようという教訓を得たし、母と2人きりでお外でご飯を食べるというのも楽しかったので、いい時間になったかな。

余談ですが、久しぶりに行ってみた浅草は、外国人観光客と修学旅行生でごった返していました。数年前はこんなに混んでいなかったのでは??


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする